歯周病予防 – 歯磨きや歯垢・歯石除去などによる歯周病を防ぐ方法

  • 当院へのアクセス
  • 092-661-8866

MENU

歯の治療:歯周病予防

歯周病を予防して健康的な歯に!

歯ブラシを持つ女性

歯周病は、かつて「歯槽膿漏」と呼ばれていました。国民病とも呼ばれるほど罹患率の高い病気となっています。
初期段階ではほとんど自覚症状がなく、気付いた時には重症化していること多いため、「Silent Disease」(静かなる病気)とも呼ばれています。

歯周病は、むし歯と並ぶ歯を失う二大原因の一つです。かつては「不治の病」と呼ばれるほど治療が困難な病気でしたが、近年は症状を改善することが可能になっています。もちろん、治療が可能であるにしても、発生させないことが大切です。進行すると歯を支える顎の骨を吸収し、歯の脱落を招くこともあるのです。

歯周病について知り、効果的に予防することはもちろん、症状に気付いて早期発見・早期治療につなげることが大切でしょう。

歯周病の原因と症状

歯周病の原因は、歯周病菌によって起こる歯ぐきの炎症ということはご存知の方も多いことでしょう。不十分なブラッシングのせいで歯垢(プラーク)が溜まってしまい、その中に潜む細菌が悪さをするのです。

歯垢(プラーク)ができるまで

もともとは歯垢というのは、虫歯の原因菌が栄養分として糖を吸収・分解する際に分泌する、ネバネバの物質「バイオフィルム」が元になっています。そのバイオフィルムの中に、口の中のさまざまな細菌が棲みついて歯垢(プラーク)が形成されます。

お口の中には300~500種類の細菌が存在し、歯垢1mgあたり10億個が棲みついているといわれています。歯ぐきの炎症は、その中の数種類の歯周病菌が放出する毒素によって起こるのです。特に、歯ブラシが届きにくい「歯と歯の間」や「歯と歯肉の境目」には歯垢が溜まりやすいため、嫌気性の細菌がどんどん深部へと増殖を続け、歯周病が悪化していきます。

歯周病の症状

自覚症状が少なく、気づかないうちに進行している歯周病を早期発見するためには、どんな小さな症状でも見落とさないことがポイントです。ここで紹介する5つの症状がみられる場合、歯周病の可能性が大きいことから、速やかに歯科医院を受診することをおすすめします。

  1. 歯ぐきが赤く腫れて、歯を磨く時に出血する
  2. 歯と歯肉周辺で炎症が起こる「歯肉炎」の状態です。ブラッシングや歯石を除去してもらい、お口の中を清潔にすることで症状は改善できるでしょう。


  3. 歯が浮いている感じがする、歯ぐきに違和感がある
  4. 歯が浮いたような感じがするのは、歯と歯ぐきの間から歯肉の炎症・腫れが内部に広がっていることが原因でしょう。放っておくと歯を支える「歯槽骨」や、歯と歯槽骨をつなぐ「歯根膜」の破壊が進んでしまいます。


  5. 口臭が気になる
  6. 歯周病がひどくなると、歯周病菌が排出するガス(メチルメルカプタン)によって、タマネギが腐ったような独特の口臭がします。また、歯槽骨の破壊によって歯ぐきから出る膿(うみ)が、口臭の原因となることもあります。


  7. 歯ぐきが痩せて、歯が長くなったように感じる
  8. 歯周組織の破壊によって歯槽骨が少なくなると、歯ぐきの退縮がみられます。歯ぐきの位置が後退することから、全体的に歯が長くなったように見えるのです。


  9. 歯を指で押すとぐらぐらする
  10. 歯周組織の全体に炎症が広がる重度の歯周炎まで進行してしまうと、歯槽骨の破壊がさらに進んで、支えを失った歯がぐらつきはじめます。さらに破壊が進んでしまうと、抜歯という最悪の状態になります。

歯周病を予防するには

歯の診療を行う歯科衛生士の女性

歯周病の予防、再発を防ぐためには、定期的なメンテナンスが必要です。歯周病は再発しやすい病気であるため、より効果的なプラークコントロールが求められるため、歯磨きだけでは十分と言えません。

歯周病の再発を防ぎ、健康的な口内環境を作るため、継続的なメンテナンスをおすすめしています。

1.ブラッシング指導

毎日の歯磨きが不十分だと歯周病のリスクが高くなるため、正しいブラッシングを習得することが大切です。定期的に歯磨きの状態をチェックして、磨き残しがある場所や磨きにくい場所などの清掃法を指導します。

特に、歯ブラシだけでは歯垢を落としきることができないため、デンタルフロス・歯間ブラシ・ワンタフトブラシのような補助器具の正しい使い方を学ぶことも重要です。

2・定期検診

お口の健康を維持するために、歯科医院で定期的に検診を受けることをおすすめします。自分では磨けない場所の汚れを除去したり、歯や歯ぐきの状態を検査することで、再発の早期発見や進行予防を可能にします。検診は患者さんのお口の状態にもよりますが、3ヶ月~1年に1度の受診をおすすめしています。定期検診では、主に以下のような処置を行います。

  1. 歯周ポケットの測定
  2. 歯ぐきの健康状態を確認するために、歯周ポケットの深さを測ります。前回の測定よりもポケットが深くなっている場合は、歯周病が進行している可能性があるため、歯石除去などのケアが必要となります。


  3. 歯石取り(スケーリング、ルートプレーニング)
  4. スケーラーと呼ばれる専用の器具を使って、歯根面に付着した歯垢や歯石の除去を行うことを「スケーリング」といいます。スケーリングの終了後は、表面を平らにして汚れをつきにくくする「ルートプレーニング」を行います。


  5. PMTC(Professional Mechanical Tooth Cleaning)

専用器具を使って歯面や歯間の研磨を行うことをPMTCといいます。歯垢や歯石を除去することで歯周病の予防につながるほか、フッ化物配合の研磨剤を使うことで虫歯を防ぐことができます。

PMTCについては「PMTC - 歯科医院による歯のクリーニングの内容/虫歯・歯周病予防などの効果」で詳しく紹介しています。

3.生活習慣の改善

歯周病のリスクを低く抑えるために、患者さんひとり一人に合わせた生活習慣改善の指導を行います。

  1. 喫煙
  2. タバコは、歯周病の再発・進行のリスクを高めます。ニコチンの影響により、歯ぐきの炎症を見つけにくいことから、病巣の発見が遅れ、気付いたときには重症化しているというケースも少なくありません。さらに、タバコを吸っていると治療をはじめても治りにくいというデメリットもあることから、歯周病の改善・予防には禁煙することが大切です。


  3. バランスのとれた食事
  4. 食生活の乱れは抵抗力の低下につながることから、栄養バランスのとれた食事を心がける必要があります。また、硬い物を良く噛んで食べると唾液の分泌が促進され、口内環境の改善につながります。甘い物をだらだら食べていると、バイオフィルムができやすい状態になることから注意が必要です。


  5. ストレス

過度なストレスがかかると、体内の免疫バランスの崩れて歯周病が発生・進行するリスクが高くなるとされています。また、ストレスは唾液の分泌を減少させたり、噛みしめや食いしばりを招いたりするなど、歯周病へのさまざまな悪影響が懸念されます。

【福岡】森本歯科医院 ご予約・ご相談はこちらまで
診療時間
 9:00~13:00
14:30~18:30

▲:9:00~14:30

住所 〒813-0013 福岡県福岡市東区香椎駅前1-18-45 香椎マーケットビル1F・2F

TEL 092-661-8866

森本歯科までのマップ
ご予約・ご相談
インプラントとは デンタルCT 歯周病 ホワイトニング ドクター紹介
最新インプラント情報