虫歯治療 – 進行の仕方で異なる症状と処置/抜歯が必要になるケース

  • 当院へのアクセス
  • 092-661-8866

MENU

歯の治療:歯の治療虫歯治療

虫歯治療

最近審美面の治療が話題にのぼることが多いようですが、土台となる歯がしっかりしていなければ、きれいにするどころか、肝心の咀嚼(そしゃく)機能を営むことができません。 「きちんと咬める」ことが、人間にとって一番大事なことです。 小さい虫歯だからといって、虫歯を放置されていませんか? もし虫歯があるならば下の図と症状例により、確認してみてください。いずれの場合にしても早期治療をおすすめします。

1.虫歯が象牙質まで進んだ場合

象牙質まで進んだ虫歯

症状:咬んだ時に、痛みを感じる。 冷たいもの、甘いものがしみる。

処置:虫歯をとったあと、白いつめもの、または小さな銀歯をかぶせます。

2.虫歯が神経まで及んだ場合

神経まで及んだ虫歯

症状:いつもズキズキする。(激痛)もしくは、夜間痛がひどい。

処置:神経を除去して、痛みを取り去り、根っこの治療をして、多くの場合に冠形態のもの(銀歯もしくは白い歯)をかぶせていきます。

3.虫歯が根っこまで進んでしまった場合

根っこまで進んでしまった虫歯

症状:咬んだ時に痛い。たまに根っこの下の方の歯茎がはれる時がある。歯茎に違和感がある。 もしくは、夜間痛がひどい。

処置:虫歯が全体的に根っこをおかしているようであれば、抜歯になります。

【福岡】森本歯科医院 ご予約・ご相談はこちらまで
診療時間
 9:00~13:00
14:30~18:30

住所 〒813-0013 福岡県福岡市東区香椎駅前1-18-45 香椎マーケットビル1F・2F

TEL 092-661-8866

森本歯科までのマップ
ご予約・ご相談
インプラントとは インプラント治療の流れ 最新型デンタルCT 歯周病 ホワイトニング ドクター紹介
当院の即時負荷インプラント 最新インプラント情報