マイクロスコープ(手術用顕微鏡)

  • 当院へのアクセス
  • 092-661-8866

MENU

最新の設備・技術:レーザー治療

マイクロスコープ(手術用顕微鏡)の導入

マイクロスコープ

福岡にあります森本歯科では、マイクロスコープ(手術用顕微鏡)を導入しています。 マイクロスコープとは、顕微鏡のことです。歯科治療はとても精密で、精度の高い治療を行うためには、肉眼では見えないほどのマイクロメートルの単位という緻密な作業が求められる場合もあります。1マイクロメートル(μm)は1/1000mmですから、実に細かな作業であるかがおわかりかと思います。

当院ではマイクロスコープを活用し、歯の細部まで確認しながら精密で確実、そして侵襲性を抑えた治療を行っています。

マイクロスコープはこのような治療に活用されています

マイクロスコープ

当院で導入しているマイクロスコープは、世界で最も歯科医師に指示されている「歯科手術専用 グローバルマイクロスコープG3/G6」です。

再現性・操作性が高く、正確な診断や精密な治療が行えます。また、マイクロスコープで見える映像をモニターに映すことができますので、患者様にも実際の症状を確認することができ、口の中の状態や治療内容をより正しく把握することができます。

マイクロスコープはこのような治療に活用されています

根管治療

根管治療では、根管内をキレイにして詰め物をしますが、歯根は細くて複雑な形状をしていますので、肉眼では根管内を正確に把握することは困難です。 感染部分の取り残しは再発を招きますし、治療がうまくいかない場合には、抜歯が必要になる場合もあります。しかし、マイクロスコープを使用することによって精密な治療が可能となり、治療による歯への負担を軽減できます。

外科的処置(手術)

マイクロスコープを使用することで細部まで確認でき、外科処置において傷口を小さくできるなど、低侵襲性の治療が可能になります。術後の痛み・腫れの軽減、治癒期間の短縮など、外科処置による負担を軽減できます。 また、治療による負担が軽減することによって、通院回数の軽減にもつながります。

虫歯治療

虫歯の治療にマイクロスコープを活用することによって、虫歯の部分のみを削り、大きく歯を削ることなく削る歯の量を最小限に抑えられます。また、虫歯の取り残しを防ぐことができ、歯を削る際に周囲の組織にダメージを与えることもありません。 さらに、より精度の高い詰め物(インレー)・被せ物(クラウン)の製作も可能になり、歯と補綴物の間に隙間ができるのを防ぐこともできます。

歯周病治療(歯石除去)

歯周病が進行するほど、歯周ポケットが深くなりプラークコントロールが行いにくくなります。歯周ポケットの深い部分は肉眼で確認できませんから、手探りの作業となりますし、歯石の取り残しも起こりやすいです。 しかし、マイクロスコープを使用することによって、歯周ポケット内の歯石を確認して確実に除去できるため、歯周病の症状改善に高い効果が期待できます。

マイクロスコープを活用した治療を受けるには

マイクロスコープ

歯科治療において、肉眼では見えないほどの緻密な作業が必要になることが多くあります。しかし、歯科医の経験と勘を頼りに治療が行われているのが実状です。

マイクロスコープは、現在のところ普及率が低いというのが実状です。福岡でも、導入している歯科医院は限られています。 当院では最新設備を整え、より精度の高い治療を患者様に提供しています。「根管治療がうまくいかず、抜歯になるかもしれない」「確実な治療を受けたい」という患者様は、ぜひ当院へご相談ください。

【福岡】森本歯科医院 ご予約・ご相談はこちらまで
診療時間
 9:00~13:00
14:30~18:30

住所 〒813-0013 福岡県福岡市東区香椎駅前1-18-45 香椎マーケットビル1F・2F

TEL 092-661-8866

森本歯科までのマップ
ご予約・ご相談
インプラントとは インプラント治療の流れ 最新型デンタルCT 歯周病 ホワイトニング ドクター紹介
当院の即時負荷インプラント 最新インプラント情報