QOLと補綴 – インプラントなど抜歯後の処置が生活の質に与える影響

  • 当院へのアクセス
  • 092-661-8866

MENU

インプラント

インプラント:QOLと補綴(ほてつ)

日本ではかつて地球上で経験したことのない超高齢化社会を迎えようとし、医療界では老齢者や障害者のクォリティオブライフ(QOL)が話題になっています。クォリティオブライフとは質の高い、自立した健康的な家庭生活および社会生活を意味します。

例えば、視力の悪い人がメガネをかけることによって不自由なく快適な生活ができるようになることです。「いきいき老人」と「寝たきり老人」を比較した最近のレポートによると、残っている歯の数が多いか少ないか、また入れ歯を使っているかいないかの違いが大きいようです。

よく噛んで食べられること、自由に歩けることは生活の基本です。歯のない人は適正な入れ歯やブリッジを入れることによって食生活が改善し健康になると同時に見た目も良くなり人前に出ることも苦にならなくなります。

そこで、歯が抜けた後の処置(歯科用語でこれを欠損補綴(ほてつ)という)について現在我々歯科医が行っている補綴(ほてつ)法(従来の方法とインプラントによる方法)について説明します。

【福岡】森本歯科医院 ご予約・ご相談はこちらまで
診療時間
 9:00~13:00
14:30~18:30

住所 〒813-0013 福岡県福岡市東区香椎駅前1-18-45 香椎マーケットビル1F・2F

TEL 092-661-8866

森本歯科までのマップ
ご予約・ご相談
インプラントとは インプラント治療の流れ 最新型デンタルCT 歯周病 ホワイトニング ドクター紹介
当院の即時負荷インプラント 当院のインプラント症例 最新インプラント情報