インプラントの術前診断 – CT/ブラキシズムなど総合的診査や治療手順

  • 当院へのアクセス
  • 092-661-8866

MENU

インプラント:インプラントの術前診断と治療手順

インプラントの術前診断と治療手順

インプラント治療はただ骨内に埋めるだけの外科優先治療から、最適な補綴物を供給するための補綴優先治療(Top-down Treatment、Restorative-driven Treatment)へと変化してきました。
さらに最近は、患者さんの要求(審美性、治療期間、費用など)に沿った患者優先治療 (Patient-driven Treatment)へと進んでいます。
そのため森本歯科では、正確な術前診断が必要であると考えております。

術前診断

  1. 内科的(糖尿病など)、精神的評価(身体表現性疾患)
  2. 経済的評価
  3. 歯牙欠損部の3次元的骨評価(量、質)
    • 模型診断
    • X線診断:コンビームCT(2001~)
  4. 歯牙欠損部周囲粘膜の評価(厚み、付着歯肉の量)
  5. 対合歯列の状態、対顎関係、咬合関係
  6. 口腔清掃状態
  7. ブラキシズム、クレンチング、喫煙の有無
  8. 開口量
  9. 機能的、審美的要求度

*管理されていない糖尿病や重度の喫煙はインプラント治療のリスクとなります。

X線診断

歯科用CB・CTとシミュレーションソフトの活用

インプラントを顎骨内に埋入する場合、健康な骨が十分に存在することが必須条件です。トラブルを防ぐためにも、必ず術前にCTを撮影し、3次元的に顎骨の状態、下顎管やオトガイ孔の位置を術前に正確に把握しなければなりません。また、シミュレーションソフトを用いるとより正確な情報が得られます。
当院では、被爆線量が少なく非常に精度の良い歯科用のコンビームCT(Finecube:株式会社ヨシダ製)とプロセラソフト(ノーベルバイオケアー社製)を2004年から導入しており、ガイドサージェリーなども活用して、安心安全なインプラント治療を提供しています。

歯科用CB・CT(Finecube)

  • 画像解析装置 画像解析装置
  • CTスキャナー CTスキャナー

症例1

■患者:54歳、女性
■左下臼歯3本欠損

▼ 模型診断

  • 模型診断の写真
  • 模型診断の写真
  • 模型診断の写真

*対合関係、クリアランス等のチェック

▼ X線診断:CB・CT

ステントであらかじめ歯冠の位置を予測したうえで、インプラントの位置とサイズを検討する。

  • X線診断用ステントAluminium Foil X線診断用ステント
    Aluminium Foil
  • ステント着用写真
  • 3D CB・CT(3D)
  • 水平面 CB・CT(水平面)
  • 第1小臼歯部(矢状面) 第1小臼歯部(矢状面)
  • 第1小臼歯部(横断面) 第1小臼歯部(横断面)
  • 第2小臼歯部(矢状面) 第2小臼歯部(矢状面)
  • 第2小臼歯部(横断面) 第2小臼歯部(横断面)

症例2

■患者:70歳、女性
■初診日:2010,5,10

  • 症例2治療前の写真
  • 症例2治療前の写真
  • 症例2治療前の写真
  • 症例2治療前の写真
  • 症例2治療前の写真
症例2レントゲン画像

▼ CB-CT(3D)

  • CB-CT第2大臼歯部(横断面) CB-CT第2大臼歯部(横断面)
  • CB-CT(3D) CB-CT(3D)
  • CB-CT(3D)画像
  • CB-CT(3D)画像 CB-CT(3D)
    上顎洞炎Sinuiitsあり
  • CB-CT(3D)画像 副オトガイ孔の存在
  • CB-CT(3D)画像

▼ CB-CT

CT上に仮想インプラントを埋入して、骨、上顎洞、下顎管との関係をチェックする

  • 右上第2大臼歯部(横断面)画像 右上第2大臼歯部(横断面)
  • 右上第2大臼歯部(矢状面)画像 右上第2大臼歯部(矢状面)
  • 右上第1大臼歯部(横断面)画像 右上第1大臼歯部(横断面)
  • 右上第1大臼歯部(矢状面)画像 右上第1大臼歯部(矢状面)

▼ 右下第2大臼歯部の術前CB・CT

CT画面上に仮想インプラントと下顎管を描出することにより、
安心安全にインプラントを埋入できる。

  • 右下第2大臼歯部(矢状面)画像 右下第2大臼歯部(矢状面)
  • 右上第2大臼歯部(横断面)画像 右上第2大臼歯部(横断面)

インプラント治療手順

通常のインプラント治療は2回法で行われ、1次手術(インプラント埋入)、2次手術(アバットメント連結)、補綴装置(冠やブリッジなどの被せ物)装着の手順となります。
1次手術から2次手術まで3か月前後かかり、2次手術から補綴装置(被せ物)装着まで1~2か月かかります。従って、1次手術から補綴装置(被せ物)装着まで5~6か月かかることになります。
但し、抜歯があると、数か月治癒を待って1次手術の場合(遅延埋入)と、抜歯してすぐに1次手術の場合(早期埋入、即時埋入)があります。症例(状況)によって使い分けることが重要です。
また症例によっては、インプラント埋入してその日のうちにインプラントの上に補綴装置(被せ物)を入れる即時修復(負荷、荷重)という方法も可能です。

インプラント治療手順

  • インプラント治療手順画像 1回法(1-stage)
  • インプラント治療手順画像 2回法(2-stage)
インプラント治療手順画像

*即時負荷(荷重)Immediate L., 早期負荷(荷重)Early L.

治療期間の短縮 (D L Cochran,et al.2004)

  1. 埋入時期を早める
    • 抜歯即時埋入 Immediate Placement
    • 抜歯後早期埋入 Early Placement:1~1.5ヶ *通常(遅延)埋入 Delayed Placement
  2. 補綴時期を早める
    • 即時負荷 Immediate Loading:埋入直後に補綴物を装着する:
      • 即時暫間補綴 Immediate Provisionalization
      • 即時最終補綴 Immediate Function?
    • 早期負荷 Early Loading:48時間~3ヶ月
      *通常(遅延)負荷 Conventional(Delayed) Loading:3ヶ月以上

インプラントの埋入時期

  1. 通常埋入
    抜歯後数か月抜歯窩の治癒を待って、インプラントを埋入する。一般的に、大臼歯部に適応する。
  2. 抜歯早期埋入
    抜歯して数週間後に、抜歯窩周囲骨が吸収しないうちにインプラントを埋入する。
  3. 抜歯即時埋入
    抜歯してすぐその日にインプラントを埋入する。
    前歯部の場合、数か月間放置していると骨吸収が進んで、骨移植が必要になったり、審美的な修復ができなくなる場合が多いので、状況によっては、抜歯後即時埋入を行うことがあります。埋入後すぐに仮歯を入れることも可能(抜歯即時埋入・即時修復)ですが、周囲骨の精査、病巣の有無など適応症かどうかチェックする必要があります。
    しかし、この方法は、とても術者センシティブな術式なので、確かな技術と十分な経験が必要である。当院では、平成14年から本法を行っています。

▼ 上顎中切歯の抜歯直後

  • デンタルX線画像 デンタルX線
  • Medical CT画像 Medical CT

*口唇側の骨板は非常に薄く(約1mm)、抜歯後早期に吸収してしまう。

インプラント治療は清潔・安全な環境下で!

インプラント手術はクリーンなオペ室で行います。機材は全て消毒、滅菌されたものを使います。インプラント(ノーベル社、ストローマン社)はもちろん、骨造成材料なども信頼性のある高品質のものを使います。同時に、手術中は生体モニターで患者さんの全身管理を行います。
補綴装置(冠やブリッジなどの被せ物)は、必ず生体安定性の良いチタン、貴金属、セラミックを使用し、必ずインプラント専門技工士が作製します。

手術室(クリーンルーム)におけるインプラント埋入手術

  • 手術室の写真
  • 手術室の写真
  • 静脈内鎮静法Sedationの写真 静脈内鎮静法Sedation
  • 生体モニターの写真
【福岡】森本歯科医院 ご予約・ご相談はこちらまで
診療時間
 9:00~13:00
14:30~18:30

住所 〒813-0013 福岡県福岡市東区香椎駅前1-18-45 香椎マーケットビル1F・2F

TEL 092-661-8866

森本歯科までのマップ
ご予約・ご相談
インプラントとは インプラント治療の流れ 最新型デンタルCT 歯周病 ホワイトニング ドクター紹介
当院の即時負荷インプラント 当院のインプラント症例 最新インプラント情報