虫歯予防 - 歯磨きだけではダメ?虫歯にならないための予防方法

  • 当院へのアクセス
  • 092-661-8866

MENU

歯の治療:虫歯予防

虫歯予防で治療知らずの歯に!

レモンをかじる女性

定期的に歯科検診を受けることが習慣となっている予防歯科先進国のスウェーデンに比べ、日本では痛くならないと歯科医院に行かない人が多いといわれています。そのため、早期発見すれば簡単に済む虫歯の治療も、痛くなるまで放置することで悪化してしまいます。

特に、40代前半までの若い世代では、歯周病よりも虫歯で歯を失う割合が高いことから、しっかりとした虫歯予防が必要となります。また、40代後半からは歯周病で歯を失う割合が高くなるとはいえ、年齢とともに虫歯を持つ人の割合も高くなることから、虫歯・歯周病の両方の予防が必要となるのです。

最初は小さな虫歯でも、放置しているとどんどん進行して手遅れになってしまいます。そうならないためには、虫歯を未然に防ぐことが最も有効な手段だといえます。

虫歯ができるメカニズム

虫歯の原因といえば歯垢(プラーク)だということはご存知ですよね。「歯垢」=「食べかす」と勘違いされる方も多いようですが、実は歯垢というのは細菌の塊。その細菌たちによって虫歯が作られるのです。ここでは、虫歯ができる仕組みについて簡単にご紹介します。

ステップ1 虫歯菌によるグルカンの生成

虫歯の進行ステップ1

歯に付着しているミュータンス菌をはじめとする虫歯の原因菌が、食べ物に含まれる糖分を栄養分として摂取・分解し、グルカンと呼ばれる物質を産生します。グルカンは食物繊維の一種で、粘着性が高くネバネバしているのが特徴です。

ステップ2 プラークの形成

虫歯の進行ステップ2

ネバネバによって外敵から守られながら、グルカンの中で虫歯菌などのさまざまな細菌が増殖を続けることで、細菌の塊(プラーク)を形成します。プラーク1mgあたり10億もの細菌が棲むといわれ、その中には歯周病の原因菌も含まれています。

ステップ3 脱灰

虫歯の進行ステップ3

歯に付着したプラークに棲みついている細菌が糖を分解する際に産生する乳酸によって、歯質が溶けることを「脱灰」といいます。この際、酸性に傾いた口の中は、唾液によって中性に戻されるほか、唾液に含まれるカルシウムやリン酸によって、脱灰された歯は「再石灰化」され修復されます。

ステップ4 う蝕の進行

虫歯の進行ステップ4

本来の働きでは、再石灰によって脱灰が修復されるのですが、歯が修復される周期よりも短い間隔で甘い物を食べてしまうと、再石灰化が間に合わなくなります。結果的に脱灰が続き、その歯はう蝕が進んで虫歯となります。

虫歯を予防するには

むし歯を作る要因として、「歯の質」「虫歯の原因菌」「糖分」の3つがあげられます。それぞれの要因ごとに対策を行うことで、虫歯は確実に予防することはできるのです。虫歯のない健康な口内環境をつくるためには、日頃から虫歯予防を心がける必要があります。

1.歯の質を強くする

フッ化物の塗布

歯面にフッ化物溶液やジェルを塗り、虫歯への抵抗性を与える方法です。歯科医院にて歯科医師または歯科衛生士が行います。乳歯の虫歯予防として1歳からの実施が可能なほか、成人では虫歯ができやすい歯根面の虫歯予防に効果的です。

シーラント(小窩裂溝封鎖材)

磨き残しによって虫歯ができやすい奥歯の溝を、プラスチックでコーティングすることで虫歯を予防します。主に乳歯や生え始めの永久歯の虫歯予防が目的です。フッ素化物を含むシーラント材を使用することで、再石灰化の促進にも効果があります。

2.虫歯の原因菌を減らす

PMTC(Professional Mechanical Tooth Cleaning)

PMTCとは、歯科医師や歯科衛生士が専用の機器を使って行う歯のクリーニングです。研磨剤を使って歯面を磨いたり、スケーラーと呼ばれる器具を使って、歯間や歯と歯ぐきの境目の歯垢を除去します。普段の歯磨きでは落としにくい歯垢を除去できるほか、さらに歯垢が付きにくくなるという効果もあります。

PMTCについては「PMTC - 専門的歯のクリーニングの内容/虫歯・歯周病予防などの効果」で詳しく紹介しています。

ブラッシング指導

虫歯予防の基本といえるのが毎日の歯磨きです。しっかりと歯垢を落として虫歯を予防するために、ブラッシング指導を行います。磨き残しがある部分や磨きにくい部分など、患者さんのお口の特徴に合わせて最も効果的な歯磨きの方法をご指導いたします。

3.糖分の摂取を制限する

砂糖を含む飲食物はできるだけ避ける

間食を頻繁に摂る人やジュースやスポーツドリンクをだらだらと飲むという人は、乳酸が多く作られる上、再石灰化が間に合わなくなることから虫歯ができやすくなります。そのため、糖を含む間食を取る量や回数をできるだけ減らすことで、虫歯が作られるリスクの回避につなげましょう。

代用甘味料を使った食品を取り入れる

代用甘味料とは、砂糖の替わりに用いられる甘味料のことです。虫歯の原因にならない甘味料を利用することで、虫歯のリスクを抑えることができます。特に、ガムの甘味料で知られているキシリトールは、虫歯の原因となる乳酸を作らないだけでなく、歯の再石灰化の促進や虫歯菌を弱める働きがあります。

【福岡】森本歯科医院 ご予約・ご相談はこちらまで
診療時間
 9:00~13:00
14:30~18:30

住所 〒813-0013 福岡県福岡市東区香椎駅前1-18-45 香椎マーケットビル1F・2F

TEL 092-661-8866

森本歯科までのマップ
ご予約・ご相談
インプラントとは インプラント治療の流れ 最新型デンタルCT 歯周病 ホワイトニング ドクター紹介
当院の即時負荷インプラント 最新インプラント情報